お問い合わせ

会話力アップに特化した楽しい授業の韓国語学院

金敬善韓国語学院

 

 

 

学院行事


 



涼しい木陰にシートをひろげ、思い思いの場所にくつろぎます。
あ〜、やれやれ…

曜日もクラスも違って初対面の人もいるので、お弁当を広げる前に、まずはメンバーの名前を覚えるためにゲームが始まります。

簡単なゲームのように見えても、結構とまどうんですこれが…
でもこれを繰り返しているうちに、初めての人も名前と顔が一致して親しいお友達になれるんです

ユカワシとオカダシはけっこういけてますねぇ。

だいたいのことなら、何をやっても卒なくこなすはずのクゼシも、ちょっと苦戦していました。

チャグンヒロミシは何とかさまになっているのですが、ハンソンシはちょっとぎこちないですねぇ。
でもこのゲーム、どうしてもこうなるんです。

メンバーの名前がひととおりわかったところで、いよいよカンパ〜イ!
心地よい風の吹く木陰の下での乾杯はまた格別。

本場韓国で修業?をつんだハネちゃんは、マッコリの扱いはなれたものです。本人はあまり飲めないのですけどね…

ふだんは焼酎派のオカダシも、青空のしたでは、「とりあえず」ビールからはじまります。

「こんなところで食べるお弁当て、ほんと、美味しいんですよね」
たぶんイワタシもナカミチシ何年かぶりじゃないかな?

飲みながら、食べながら…
たちまちおしゃべりの花がさきます。
でも、よくこれだけ話題が続くものですねぇ…

ま、一杯いかがですか。あ、これはどうもどうも…
こんな風景も青空の下では、ちょっと雰囲気もおおらかになりますね。

オンダシ手作りのちらし寿司。
こういう写真は食べる前に撮らなきゃだめですね、見事に出来上がっていたのに〜
「オンダシごめんなさい」です。

つぎはコレ!
ハンソンシのオリジナのキッシュとセウジョンとキムパン。
特にキムパンは、ご飯の代わりに食パンをつかった韓国海苔巻きです。おすすめですよ〜!

前の夜、狭いキッチンで奮闘したキョンソン先生のキムパプとチャプチェ。
マッコリはヒサツギシ提供です!
しかも重いものを何本もリュックで持ってきてくれました。

ハイライトはオカダシ提供の、さくらんぼのデザート。
ぐるっとひと回りすれば、アッと言う間になくなってしまいました。
ひとつ食べたかったなぁ〜

いちばん最初に出来上がったのはウエハタシ。
もうすでに顔は真っ赤で、目もうつろ…

お腹いっぱいになったクゼシは大木の根元で一休み。
ペーターの60年後って、こんな感じになるのかな…
そのころハイジはどうなってる??

お腹もいっぱいになって一休みした後は芝生のうえでバドミントン。
ウエハタシもオカダシも、こんな遊び久しぶりでしょ。

それにしてもオカダシは元気です!!
スタミナじゅうぶんで、芝生の上を走り回っていました。

ハイ、酔いはさめたけど、まだ赤い顔をしたウエハタシの負け〜
でもよく頑張りました!二重丸あげます。

お次の相手はユカワシ。
スタミナ補給も十分で、なかなかフットワークがいいですね。

ふと横をみると、ヒサツギシはこんなことになっていました。
自分で持ってきたマッコリに酔ってしまったのでしょうか…

こちらのテーブルではピンポンがはじまっています。
なんとも小さなラケットとネットですが、このチマチマ感が見ていても面白いのです。

ネットは有ってもなくてもどちらでも…という感じだし、テーブルはデコボコでピン球はどっちにはねるかわからないし…

それでもやっている方はけっこう真剣になってしまうところが、見ていて面白いのです。

こんなピンポンでも勝ちは勝ち、負けは負け…、ということでしっかりカウントはとっているところが、これまた変に面白いのです。

これ、何というあそびなんでしょうね。グリップをにぎるとボールがバネで飛び出すんです。

飛んできたボールをもう一方のひとが受けるのですが、玉が風に流されて、これがなかなかむずかしいのであります…

ウォ〜トットット
カップのへりに当たってうまく受けられません。ついついへッピリ腰になってしまいますねぇ。

バドミントンにピンポンにこの遊び…、この日、ウエハタシは童心にかえって大活躍!
3日後に「体中が痛くって…」などと言って授業を休まないように…

お昼寝から目覚めたヒサツギシも参戦。休養十分で身のこなしも軽々です。でもさすが男子!レシーブのコツをつかむのが早いです。

こちらではキョンソン先生が大きなお口をあけて背伸びをしていますが、何かをつかもうとしていたのでしょうか?

今日は明るい日差しの下で、みなさん童心かえって、本当によく遊んでいます。

遊園地などで、こういうシーンをよく見かけませんか?
子供が元気に遊んでいるのを見ながら、お片づけをするママの雰囲気が漂っています。

そこへにぎやかなお隣のママが帰ってきて、静かな雰囲気をこわすのです。こんなことも、よくありそうですね。

「よく食べて、よく飲んで、よく遊んだ後は、みんなで車座になってひと休み。

ヒサツギシもアヤシも、まだまだスタミナ温存ですね。

雑談は、いつの間にか自然と韓国語での会話になっているんです。
特にキョンソン先生が誘導したと言うわけでもないのに、すごいなぁ、と思いました。

ナカミチシは電子辞書持参なんて、すごいですねぇ。
だって、遊んでると思って油断していると、いつキョンソン先生から韓国語が飛び出すかわからないのですから…

ハネチャンは、韓国人とぜんぜん不自由なく、会話のできるレベル。
時々微笑みながら、皆の話を聞きながらフムフムとうなずいていました。

こうして韓国語のおしゃべりが延々と続いていました。
まさに韓国のそのもので、楽しんでお勉強もしちゃいました!!

楽しかったは終わりました。先に帰ったメンバーもいましたが、残った人で記念写真を1枚。
でも、なんでまじめな写真が1枚もないのでしょうね…


キョンソン先生とウエハタシ。最後まで元気なのはこの人たちです!!
後ろでヘバッテいるお兄さんは生徒ではありません。(念のため…)