お問い合わせ

会話力アップに特化した楽しい授業の韓国語学院

金敬善韓国語学院

 

 

 

韓国研修旅行

楽しかった「ソウルのフリーマーケット体験」

さて、地下鉄サダン駅に着きました。ここから歩いて、わずか30秒のところにソウル随一のフリーマーケット会場があります。

さて、いよいよ店開きの準備開始です。キョンソン先生の配っているイスは、日本で900円のものがソウルで買えばナント300円でした。

今年はソウルの一般の参加者と同じ条件で挑戦しようということで、平場のブースを用意してもらいました。こうして並んでいる姿は「雀の学校」みたい…

今日も去年と同じくサイコーのお天気。さぁ、今日は一日楽しみまくるぞ〜!の雰囲気ただようチャグンヒロミシ。 ちょっと日焼けが気になるけど…

準備中のミネコシの前に早くもお客さん? でもベテランミネコシはタスキを持ったまま、さすが笑顔で余裕の応対です。

おしゃべりしているうちに、ほらほら、ケイコシの前にもお客さんが集まりはじめました。 このフリーマーケットのお客さんは朝が早いのですよ。

【大阪の韓国語学院の生徒です、みなさんこんにちは。今日はフリーマーケットに日本から参加しました…】のポスター。 オオナリシ、うまいこと考えるなぁ〜、こんなこと書かれたら心優しきソウルっ子としては、何も買わずにはすませられませんわなぁ…

キョンソン先生の姪のスミンちゃんとその友達のチヨンちゃんが、朝から応援に駆け付けてくれました。 子供じゃん! いえいえ今年から大学生なのですぅ。

ポカポカ陽気に誘われて、そろそろお客さんも集まりはじめて… お店の前がだんだん活況をていしてきます。 ポスター作戦の効果かな?

ソウルのお客さんて、品定めにはけっこう厳しいのですよ。 でも熱心に質問してくれるので一生懸命説明しなくちゃ、もちろん韓国語ですよ〜

青いベストを着た瑞草区の職員の方が気にしてくれて、ときどき巡回してこられます。

こんな風に腰を落ち着けてじっくり話し込まれるお客さんもいるんです。こうなると3人がかりで応対する方は、頭の中で電子辞書がフル回転状態! 汗かきますよ、ホンマ…

時間がたつにつれてお客さんが集まってきました。 もうこうなると、どれが誰の商品かなんて言ってる余裕はなくなります。値段交渉も勝手にやって、 とりあえず「全員で売ってしまおぅ〜!」状態になります。

てんてこ舞いの忙しい最中でも、何の話で交流しているのでしょうか?こんな楽しそうな交流の時もあるのです。商売なんかどうでもいいのです、これを楽しみに来てるんですから…

遠くから見ればこんな感じ。 特設会場もいいけど、平場のブースはフリーマーケットの雰囲気満点で、これはこれでいいですねぇ。

キトウシは何を買ってもらったのかな?「ありがとうございます!」はわかるけど、「まいど!」てなんて言うんやろ?

この日のチャグンヒロミシは、教室とは打って変わったように、言葉が途切れずに、ずっと会話が弾んでいました。もともと実力はあるので当然ですが、キョンソン先生もビックリ\(◎o◎)/でした。 もう一人でどこへ行っても、誰と出会っても大丈夫!!

ミネコシ、チャグンヒロミシ、ケイコシ、オオナリシの前には切れ目なくお客さんが… まさに千客万来状態で、4者4様でお客さん応対中。 もちろん全員韓国語なんですよ〜

オカダシは久しぶりの韓国。じゅうぶん楽しんでくれているかな?

」??? まさか名刺の交換じゃないですよね。礼儀正しい雰囲気のお二人さまでしたッ。

本屋のをやっていたはずのオオナリシは、スカーフを広げて売込み中?仲間の商品をちゃっかり利用して商売替えですか?

オカダシの作品を値切るお客さんに「この作品は高級なんだから、そんなに安くはできませんよ〜」 などと助け舟を出したりしてくれたスミンちゃんとチヨンちゃん。

大阪でもソウルでも、おばちゃんは聞くべきことは遠慮なく聞くんです!応対するキトウシ、向こうから心配顔のケイコシがのぞいています。

と思うと、こんな可愛いお客さんも来てくれるんです。 いえいえオバちゃんが悪いと言っているわけではないんですが… タスキに書いた言葉もソウルっ子を泣かせる作戦なんです…

いつの間にか友達感覚になっているオオナリシとお客さん。たしか去年もこんなシーンを見たような気がします。韓国語の勉強をはじめてわずか1年なのに、オオナリシは人の3倍交流を楽しむんですよね。

ソウルで突然知り合いに出会ってビックリ!という雰囲気の鳩マメ顔のオカダシでしたが…

実はオカダシの作品が気に入って買ってくれたお客さんでした。 オカダシは「まいど!!」て言ったかどうか…

〜」 笑顔で交流して、商品を渡してお金を受け取る瞬間がとても気持ちがいいですね。

さっきからミネコシの前で品定めしていたです。 「あらそのカバンいいわね、買っちゃおうかしら、え〜と財布サイフ」 てな雰囲気の1枚です。

閉店時間がちかくなってもお客さんが途切れることもなく、チャグンヒロミシも終わりまで交流を楽しみ、商売にもいそしみました。

そろそろフリーマーケットも終了時間が近づいてきました。 今日は朝からフル回転の体験でお疲れさま、と言いたいところですが 何やらみんな元気が余っている感じですねぇ。

今回は売上金の半分を、瑞草区の女性支援活動に寄付しました。 チャッチャとやってかっこよく終わろうとしたんですが、お金を入れた封筒が分厚くて、募金箱になかなか入ってくれないんです。

そばで見ていた瑞草区の職員の方が、半ば強引に押し込んでくれ、お金は無事募金箱のなかに吸い込まれていきました。 めでたしめでたし…

楽しいフリーマーケット交流を終えて、まずは近くのカフェで「いっぷくタイム」です。

朝から良く働いたので、もうお腹はペコペコ。 今日1日の売上金で、江南のサムギョップサルの有名店で打ち上げ食事会です。

網焼きでしっかり油を落としたお肉もチョー美味しかったけど、豚の皮を焼くなんてはじめてでしたが、これがまた美味なんです。

韓国式の親しみの表現です。 韓国では親子はもちろん、親しい者同士での食事では、野菜にお肉などを包んで食べさせっこするのは普通なんですよ。

あらあらチャグンヒロミシも韓国式の食事体験ですね。 韓流親愛の情の表現は、いかがでしたか?

ビールに焼酎などを入れてスプーンでトントンすれば泡が浮かぶんです。若いソウルっ子たちの間でよくやる飲み方を教えてもらいました。

食事の後は、とうぜん「やってきましたソウルの」 やっぱり韓国ではこれで締めくくらなくっちゃ、終わった気分になりませんよね。

どうですこの二人。無邪気なもんですね、可愛いじゃありませんか!! このメンバーの辞書には「」という言葉はないのでしょうか?

昼間の疲れも日焼けも、ぜ〜んぶ忘れましたぁ!これぞ純韓国風、金敬善韓国語学院!という楽しみ方です。こうしてだんだん恥を忘れて、ソウルの夜は更けてゆく〜